読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒カウンセラーが話題のニュースを面白く伝えてみる

最新ニュースの詳細と思うこと、心についての悩みや見方・考え方を独自の視点でどんどん綴っていきます。

【ウェブ関連依頼注文のご案内】
アドセンス申請用サイト・ブログ記事・ホームページの作成からSEO強化に至るまで対応しております。
クラウドソーシングサービスより安心丁寧かつ格安でご案内しております。
ブログ収入用など記事依頼所
http://www.beready.jp/adsense/

全国地震動予測地図 地図を見たことを無駄にしないように考えること

headlines.yahoo.co.jp

全国地震動予測地図

東日本大震災熊本地震はまだ記憶に新しいと思うが、皆さんはどうだろうか。

もしかしたらこれを読んでる人の中にも、まだまだ震災後で苦しんでいるがいるかもしれないが、それらがわかってる上で今回の記事を書かせて頂きたいと思う。

 

今、話題になっているこの地図は「今後30年間で震度◯の地震が起きる確率」を示したものだ。

yahooニュースでも取り上げられてる通り、確かに地図を見せられて「なるほど」と思うかもしれないけど、だからどうしたら良いのか・どう防災に結びつけたら良いのかわからないのだ。

もしドヤ顏でこんな地図を見せられたのなら、こちらとしてはたまったものではない。

 

一応ここに掲載しておくが、あくまでも参考という形で今のところは目を通しておくのが好ましいと思う。

全国地震動予測地図2016年版 | 地震本部

※地図編の確率的地震動予測地図から見られる

 

関東に関しては、昔から大きな地震が来ると言われてるのは少なくとも関東に住んでる人は聞いたことがあるかもしれない。

地図を見ると、震度6強の地震が今後30年以内に来ることがこれでわかる。

逆に日本海側の地域は、大きな震度になると起こる可能性が少ないことが見てわかる。

 

「俺らは大丈夫」とこれで思うのは愚かだと思うし、震災で被害を受けた人からしたらむしろ哀れだと思われると思うので、興味を持って見たいと思うのなら今後の対策を少しでも考えるべきだろう。

 

塩ドーナツの記事にもチラッと触れたが、俺は神奈川住みなので正直シャレにならんと思ってしまった。

関東にお住いの方は皆さん思ったんじゃなかろうか。

 

ここで冒頭に戻るが、これを見せられてどうするかといえば「防災」のために家のことや避難の準備をしっかりするしかないよね。

それに、確率が低い地域だって0%はありえないんだから同じく準備するべきだよね。

ていうかこれしか言えないよね。