読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

破天荒カウンセラーが話題のニュースを面白く伝えてみる

最新ニュースの詳細と思うこと、心についての悩みや見方・考え方を独自の視点でどんどん綴っていきます。

【ウェブ関連依頼注文のご案内】
アドセンス申請用サイト・ブログ記事・ホームページの作成からSEO強化に至るまで対応しております。
クラウドソーシングサービスより安心丁寧かつ格安でご案内しております。
ブログ収入用など記事依頼所
http://www.beready.jp/adsense/

めちゃイケ 温泉よりもガッツ石松さんが帰った件をもう少し考えてみる

zasshi.news.yahoo.co.jp

長年努力を続けてきてご長寿番組の一つとなっているめちゃイケに批判が殺到している。

人をイジる企画、イジるというより小馬鹿にしたような企画、やたら無茶な下ネタで無理やり笑わせそうな企画などなど、昔なら面白いと思っていたものでも時代が変わるにつれ笑えなくなってしまっては危ないと思っていたものが現実になってきてしまっている。

 

バラエティ番組は「ギリギリ」が一番面白い。

出演者をMCや他芸人が「ギリギリ」のところでイジって、出演者が笑っていなければ危ないが、笑ってしまえばオールOKの世界だ。

批判が集中するにしろ、賛同者が多ければ数字は稼げるし、数字があればその分お金ももちろん上がっていく。

 

しかし今のめちゃイケは数字を下げてしまうレベルになってしまっているのは事実である。

新しい企画に挑戦してるのはわかるが、根本的な出演者いじりは変わらず、視聴者にすら不快感を与えてしまっているので今の状態になっているのだろう。

 

今回批判が集中してしまっている大きなきっかけは、「サル顔もしくはサルキャラの芸人などをゲストで呼んで、サル真似をどんどんさせていく」というもの。

その出演者の中にガッツ石松さんがいたのだが、そのガッツ石松さんが撮影中に帰ってしまったというのだ。

 

どうやら出演の際に、その企画内容がガッツ石松さんご本人に伝わっていなかったことが大きな原因であるみたいだ。

帰ってしまった際に、ナインティナインが簡単な説明でごまかしたかのような放送の仕方をしていたが、個人的には不可解な点がある。

 

  • こういう批判が集中すると予測されるのになぜ編集を行ってこのような放送をしたのか
  • 騙されて出演したにしろガッツ石松さんもプロのタレントなのでそんな状態で帰るようなことをする人なのか

生放送ではないし、編集でどうにでもなるところをあの放送の仕方にしたということは、そもそもこの「話題」が狙いで行ったのではないかと思えて仕方ない。

また、ガッツ石松さんの「ゴリラキャラ」も昔からあったことだし、その企画を突然知ってそこまで怒って帰るのも不思議で仕方がない。

ガッツ石松さんは芸人ではないので体当たりの番組をする必要はないが、バラエティに出てるだけあってバラエティのことはよくわかっているはずだ。

 

ただ、不可解な点があるにしろ、企画自体が少し低俗な感じがするのは否めない。

新規メンバーたちのせいだという見方もあるが、単純に飽きてきたというところもあるし、今の時代に合っていない可能性もあるし、再度全てを見直す必要もあるのではないかと偉そうなことをあえて言ってみたいと思う。

 

うん。

まあ俺はめちゃイケなんだかんだで好きなんだけどね。